作品紹介

虹 (虹の袂)

子供のころに虹の袂(たもと)に行けば宝物があるという物語を聞き、虹の七色プリズムをみては心を弾ませて宝物のことを考えたりしていました。
そこで今の自分の宝物は何だろうと考えてみました。現代の社会は人間が便利に過ごす為を目的とした森林伐採や開発等により自然が徐々に破壊され、災害という形でそのひずみが生じているように思えます。
今回の設計は、植物のアーチで虹を表現し、虹の袂には自然を感じる水の流れと緑豊かなジャングルを表現しています。
毎日慌ただしく生活するなかでリラックスできる自然の空間がだんだんと減ってきているように思え、未来へ残さなくてはいけない自然環境が人類の宝物だと感じています。

過去の作品

古賀 映彦

古賀 映彦

  • 参加項目

    ホームガーデン

  • 紹介文

    2012年GWC国内予選で金賞を受賞し本大会への出場権獲得者。