3年目を迎えて~私が思う、ハウステンボスGardening World Cup~

審査員

Bob Sweet

世界的ガーデン大会の総責任者 Bob Sweet 2010、2012年度大会審査委員長  

ガーデニングワールドカップは、ハウステンボスというとて も美しいところで開催されている、素晴らしいイベントです。
これだけ多くのショーガーデンの数々を、長崎県にあるリ ゾート地で一度に体験できるということは、本当に信じられないことです。
このイベントでの貴重な体験に私たちはきっと多くの感動をすることでしょう。ガーデニングが大好き で、本物のショーガーデンを見たい方は、是非この素晴らしい機会を逃さないでください。皆さまがこのイベントを心ゆくまで楽しむことを願っています。
それでは、ハウステンボスでお会いしましょう。

Profile
Bob Sweet(イギリス)
RHS英国王立園芸協会が主催する世界的なガーデン大会の総合責任者およびRHS公式審査員。
自身も主要ガーデンシ大会にて、これまでに10回金賞を受賞した経歴のあるイギリスを代表する著名なデザイナーであり、現在は主に審査員とガーデンイベントの運営を担っている。

ガーデナー

Jim Fogarty  

世界最高峰のランドスケープデザイナーの1人  Jim Fogarty   2011年最優秀賞受賞 

日本で毎年開催されているガーデニングワールドカップは、先見性を持った非常に素晴らしいイベントだと言わずにはいられません。
日本を代表する世界的なガーデンデザイナーである石原和幸氏のコンセプトのもと、世界中の一流デザイナーの参加、そして花と緑に囲まれた最高の環境を持つハウステンボスによって実現したこのイベントは、初開催で多くの感動をもたらした2010年に続き、2011年度大会でも素晴らしい成功を収めてきました。ガーデニングは文化、民族、宗教、肌色の違いを超え、昔も今もそして未来も、最も普遍的な人間の表現方法の一つであり、それはすべての人のためにあります。

このガーデニングという民族や国を越えた“共通の言語“のもと、世界が一つとなり、平和へのメッセージをガーデンを通じて発信するというのは、とてもユニークな試みです。
そして、世界中から最高の造園デザインが集う、この画期的なガーデニングワールドカップは、訪れる人々に緑を生活に取り入れることの良さを教え、家庭菜園の面白さに気付かせ、そして環境の重要性を広く伝えてくれます。私たちは、これほどまでにガーデンのもたらす恩恵を肌で感じることはなかったでしょう。ガーデニングワールドカップを通じて、日本のみならず世界中の多くの人々にそのメッセージは届き始めてます。
世界各国を代表するガーデンデザイナーたちと、園芸を愛してやまないガーデニングファンの皆のさらなる熱意と情熱によって、この一大イベントが世界中に広がっていくことを心より強く願います。

Profile
Jim Fogarty(オーストラリア)
世界各国で開催される国際的なガーデニングショーで20以上の賞を獲得し続けているランドスケープデザイナー。また、2003年からエラーズリー・フラワー・ショーの審査員を、2007年からはメルボルン国際フラワー&ガーデン・ショーの審査員を務め活躍中。
www.jimfogartydesign.com.au
受賞歴
  • シンガポールガーデンフェスティバル2008 金賞
  • 浜松ガーデンコンペティション ベストデザイン賞
  • ガーデニングワールドカップ2010 シルバーメダル
  • チェルシーフラワーショー2011 ゴールドメダル
  • ガーデニングワールドカップフラワーショー2011 最優秀賞(金賞)

施工会社

樹蘭ガーデン

トップガーナーの想いに答え続けるパートナー 樹蘭ガーデン  2010年、2011年本大会ガーデン施工参画

ハウステンボスにおいて、世界のトップガーデナーの庭園施工をさせて頂き又とない経験を得ました。
細部にわたり妥協をせず取り組む姿勢にはニコ・ウイッシング氏のすごささえ感じました。
作業を通して当樹蘭ガーデンの理念、姿勢と通じるものがあり、ニコ氏も信頼を寄せてくれました。
メディアにも多数取り上げられ、幾度となく取材に応じその反響に私共の樹蘭ガーデンへの来園者数も急増し、癒しの空間を皆さん喜んでおられます。
トップガーデナーや日本中の造園業者の作業内容、手法に当樹蘭ガーデン社員一同、とても刺激を受け一層身の引き締まる思いです。
http://juran-cafe.com/